借地権相続時にありがちなこと

Pocket

借地権の持ち主が亡くなった場合、財産の評価は亡くなった時点の現況によるものです。そのため、借地権を相続後に売却、もしくは返還をしたとしても借地権にも相続税がかかってしまいます。相続後に税金のことを気にして、借地権だけではなく他の財産も手放してしまう人が多いのですが、子供が借地権を相続した後に地主に土地を返還したとみなされてしまうのです。相続タイミングによる借地権を手放して税金がかかってしまうケースは全国的にも多発しています。

相談借地権の相続税負担は、意外と重いことはご存知ですか。評価をするにも専門知識が必要となり、不動産関係の素人では簡単に計算も出来ません。独学で勉強をして計算をするのもいいですが、時間がかかるだけではなく間違っている可能性もあるので、専門知識を持っている人に依頼しましょう。そちらの方がミスがないだけではなく、的確な数字を出してくれます。

借地権の相続の場合、配偶者は相続税が軽減されます。1億6,000万円と法定相続分相当のどちらか大きな金額まで相続税がかからないのです。ただ、配偶者が税額軽減を利用するためには、相続税の申告書を提出しなければいけません。これがないと、軽減がされないので配偶者が相続した場合は忘れずに提出してください。