借地権は相続税や贈与税の対象となる

Pocket

家借地権は第三者の土地に建物を建てられる権利のことです。土地自体は自分のものではないので、相続税や贈与税とは関係ないと考える人もいます。しかし「借地権」を所有しているため、相続税も贈与税も対象となります。そのため、借地権を適当に考えていて驚くほどの相続税が来たという人もいるのです。

土地と建物を所有している場合は、それぞれに固定資産税がかかります。しかし、借地権の土地の上に建物を所有している場合は、建物の固定資産税のみを支払うだけでいいのです。借地権と言っても、不動産に興味がなければあまり詳しくは調べない人も多いでしょう。しかし、後々のトラブルに繋がることもあるため、自分の立てた建物が登記されていて、土地部分の所有者が他人の場合は借地権について考えましょう。

平成4年以前の借家借地法では、地主と借主の間でトラブルも多く、法律が改正されるまでになりました。現在でも平成4年以前の建物は旧法で契約が出来るため、建てた時期によっては旧法で契約されている可能性もあります。トラブルになる前に、確認をしておきましょう。相続税、贈与税もかかるため相続や贈与を受ける時は安易に考えず、適切な判断かどうかを冷静に考えてください。相続後、不要だからといって売却をするためには地主の許可が必要です。借主のみで売却は出来ません。こういったことでもトラブルになる可能性はあります。しかし、相続に関しては地主に承諾を得なくても相続出来るのです。